ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2011年9月16日金曜日

魂の力

 腰骨にヒビが入り生まれて初めて入院した義母が退院してきた時の事です。随分と看護婦さん達を困らせたり、嫌われるような事をしたようで早期に返されたようです。一週間だけの病院生活は殆んどがベッドで寝かされてたので筋肉が衰え足腰も弱くなって、車の乗り降りも階段の上り下りも一人ではできなくなってしまいました。

   しかし、口だけは達者で悪口は言うし、嫌いと感じる人にはしゃべらないし感情も豊かです。その様子を見ていて、知性・感情・思を司る魂は肉体とは別ものなんだと実感しました。イザヤ書には「年若い者も疲れて倦み、盛んなる者も衰える。しかし、主を待ち望む者は新しく力を得た鷲のように空に向かい飛び上がる事ができる。走っても弛まず歩いても疲れない」(40章31節)とあります。

   神様を待ち望む者に与えてくださる力は、人間として生きていく力、全存在的な力、人として幸せに生きでいく力です。私達は霊と魂と肉体を持つ存在です。霊と魂と肉体に救いをくださる神様はまた霊と魂と肉体にも勢いと力をくださるのです。

   力の源、全ての良き物を持たれている天の父ともっと親しくなりましょう。その御心をよりよく知るために聖書をもっと読みましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿