ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2011年9月16日金曜日

マンデラ大統領

 『マンデラの名もなき看守』と『インビクタス/負けざる者たち
という南アフリカの前大統領ネルソン・マンデラの映画をみた。大統領に選出される前日まで自分を苦しめていたような白人たちに復讐するのではなく赦して共に国の繁栄の為に働いていく姿に感動した。

 聖書にダビデ王が前日までの敵の将軍を自分の軍隊の長にしたと記されている。人に対し広い心、赦し、信じ、
期待する心を注げなければできない事である。ダビデはキリストの心を持っていたのでそうできた。

 「キリストは罵られても罵り返さず苦しめられても人を脅さず、正しくお裁きになる方にお任せになりました」(ペトロの手紙一 /2章 23節)。私たちもキリストの心を更に深く知り習う者、神から賞賛されるような人物に成長しようではないか。

 心の大きな人が偉大な事を行う事を覚えよう。
キリストの心を心とする者になりキリストの業を行う人になろう。
 

0 件のコメント:

コメントを投稿