ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2011年9月16日金曜日

キリストの処女降誕の科学的証明

 1982年1月、考古学者であり探検家でもあるロン・ワイアットにより衝撃的に発見された血液がある。


 その二千年前の乾いた血を塩化溶液に三日間浸して水和しなおしてから電子顕微鏡でDNA鑑定すると、この血は間違いなく人間のものであり、男性決定因子であるXY染色体を含む男性の血であった。ところが驚くべき事に通常ならば父親から23個、母親から23個、合計46個の染色体を持って産まれるはずの人間の血液が、この血に限って24個しか染色体を持たない男性の血であった。母親からの染色体しか持たない、科学用語でいう「半数体」の血液であり、それは部分的処女生殖によって生まれた人間の血液であった。部分的処女生殖とは、医学界で理論的には一般に認められている現象であり、母胎となる処女の卵巣付近に存在するY遺伝子が卵子と結合して、処女がXY遺伝子を含む胎児を出産できるという考え方である。この血液の発見はオーストラリアの探検家、考古学者であるジョナサン・グレイも確認した。この血液の持ち主こそ聖書に書かれている処女マリヤより生まれられた奇跡の人イエス・キリストである。


 世界が探している契約の箱が、何とエルサレムの郊外ゴルゴダ丘の十字架の真下の洞窟にキリストの血が付いたまま隠されていた。しかし、その後、この歴史的大発見がその地を支配するイスラム教徒と聖都奪還を強行的にでも願う多くのユダヤ教徒右翼派の間で対立を確実に激化させる大変な戦争の起爆剤になることを知ったネタニヤフ首相が中東和平実現の政治的目的から発掘も立ち入りも全面凍結してしまい現在もそのままそこに埋め戻されてイスラエル政府当局の機密扱いのまま眠っているのである。実際イスラエル政府が一度この契約の箱発見のニュースを実験的に流して第三神殿建設の可能性を公示して反応を調べた結果、1990年10月8日にシオンの丘大虐殺と呼ばれるユダヤ人とアラブ人の間に民族大暴動を引き起こし多数の死傷者を出す事件が起こった。 


 キリストが十字架で処刑されたどくろと呼ばれるゴルゴタの丘に3本の十字架を立てた穴がある。その真ん中には左右の十字架穴より約10cm高い岩床にある十字架穴があった。これこそキリストの十字架の穴である。紀元七十年以降に十字架刑の執行がローマから全面廃止され、その刑場跡には暫く教会が建っていた跡があった。そのキリストの十字架穴から大きな地震(マタイ27章51節)の際に生じた下の方向へ大きな自然の炸裂があった。十字架穴の下6mに洞窟がありそこを調査すると獣の皮で覆われた金の机と契約の箱が隠されていた。契約の箱は古代に物を保存する為によく使われた長方型の薄い石棺にすべてすっぽり収められており、その石棺の平らな上ふたは二つに割れており、割れたうちの小さい方が横にずれてそこに開かれた隙間ができており、小洞窟内の天上部のひび割れた裂け目にも真下に位置するその割れた石棺の開かれたふたの上にも中にも黒く固まった例の血がついていた。実に契約の箱は十字架の立てられたその現場のちょうど真下6メートルに位置していたのである。例の地震は十字架のちょうど真下の小洞窟に隠されていた契約の箱の空間にまで真っ直ぐさく裂が走り、ほふられた神の小羊イエスご自身が流された十字架の血潮が直接注ぐためだったのである。「アロンは民のための罪のためのいけにえのやぎをほふり、その血を垂れ幕の内側に持ってはいり、あの雄牛の血にしたようにこの血にもして、それを「贖いのふた」の上と「贖いのふた」の前に振りかける。」(レビ記十六・十五)。旧約時代は暗い至聖所内で動物の血が契約の箱のあがないのふたの上と前に振りかけられたが、新約時代は暗い地下の小洞窟内でイエスの血潮が契約の箱のあがないのふたの上と前に振りかけられたのである。事実この発見された契約の箱の上には、十字架穴から広がる岩盤のさく裂ずたいに真っ直ぐ流れ落ちた血の注ぎがそのまま黒く固まって張りついていたのだ。


 

0 件のコメント:

コメントを投稿