ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2011年9月16日金曜日

神の皇太子

 東京は青海の公園で心地よい風に吹かれ、羽田空港に着陸していく飛行機や往き交う船を見ていました。

  どの飛行機も一機何十億、いやもっとするでしょう。それに乗客や荷物やクルーを乗せて飛ばすには、燃料、整備、航空官制、空港、航空会社等のサービスを受けなければなりません。それらの代金は乗客が払います。それらの全部のお金は人々が働いて得、あるいはその持てる財産から払われていきます。それらはすべてわたしには手の届かない別の世界にあるのかなどと想いを巡らせていました。

   「天か下にあるものは、ことごとくわたしのものだ」(ヨブ41:11)。「世界とその中に満ちるものとはわたしのものである」(詩編50:12)。と主はわたしの思いの中に語られました。その主の主、王の王にお仕えし、さらにその子とされているわたしたちの地位はなんと驚くべきことでしょう。「わたしたちは、み國の世継ぎ御子イエスと共に、」の賛美の言葉は真実なのです。

  王の王の王子としての立場が与えられていることを感謝しましょうその王子として大胆な信仰を持って偉大な御父に偉大な祈りと願をささげていきましょう。

0 件のコメント:

コメントを投稿