ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2011年11月4日金曜日

”ミッション・あどない・いるえ”からの御案内とお願いです。


1:”ミッション・あどない・いるえ”は超教派の宣教団体です。フィリピンはミンダナオで1995年に現地の牧師とともに財団法人を設立し孤児院と聖書学校を設立し、現地教会を支援し立てあげに務めて参りました。現在は貧しい家庭から子らを学校に送るプログラムで35名、孤児院で35名、貧民街の幼稚園を運営し80名が在籍しています。またクリスチャン医学生も支援しています。

2:代表伝道者の藤正信は美濃ミッションで信仰を持ち、聖契神学校を卒業し、カルフォルニア神学大学院博士課程を修了しました。1977年栃木市にあどない・いるえクリスチャンセンターで牧会を始めました。フィリピンの働きが始まってから国内外で妻和子と共に音楽を媒介とした巡回伝道を始めその数は延べ千回に達します。

3:妻和子は3歳からピアノを始め国立音楽大学付属中学、同付属高校を経て国立音楽大学声楽科を卒業しました。岳藤豪毅師に教会音楽を師事しエヴァンゲリウムカントライの元団員です。19歳でキリストを信じ藤正信と結婚後にリバイバル神学校を1期生として卒業しました。日本の里親として登録し今まで延べ12名の子らと関わり世話して来ました。最近ではその里子達の赤子を抱くようになりました。

4:藤和子は「星野富弘の詩による7つの歌曲:花に寄せる想い」を、藤正信&和子で「やすらぎコンサート1、2」をリリースしました。「やすらぎコンサートの3、4」は既にレコーディングが終わりリリースする重度の認知症になった正信の母と和子の母を介護し看取り介護の大変さ、いのちと死についていろいろな体験を経て来ました。

5:再び主が二人で宣教の働きをするよう扉を開かれましたので是非御教会で用いて頂きたく、あるいは奉仕をご紹介頂きたくご案内とお願いを申し上げます。

・奉仕できる内容は、主日礼拝・教会学校・伝道礼拝・伝道会・修養会・婦人会・青年会・聖書研究会・職場礼拝・学校での礼拝・各種集会での説教、伝道コンサート・クリスマスコンサート・各種コンサート。
・音響機器やピアノがない場合はピアノタッチのキーボードや音響機器を持参できます。
・謝礼につきましては教会の予算の範囲内で結構です。東日本大震災などで被災された教会に対しては謝礼は不要です。
・ご奉仕に当たりお分ちしているメッセージや聖書の教えについてブログやtwitter で公開しています。是非ご一読くださいますよう重ねてご案内いたします。

御教会の兄弟姉妹のご家庭とその営みの上に、牧師先生のご家庭と先生のお働きの上に全能の神の祝福が豊かにありますようにお祈りいたします。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター 藤 正信
栃木市倭町11−16〒328-0037
TEL 0282-25-1427
携帯  080−6562-1427
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
email:fujimasanobu@gmail.com
twitter MJJ_PeterFuji

0 件のコメント:

コメントを投稿