ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2011年12月1日木曜日

ロバート・ユーインはどんな人物だったか。

 ロバートユーインは1924年2月4日にテキサス州ウエィコで生まれた。
彼は5歳で信仰告白し、8歳で聖霊に満たされた。
どもりであった彼は幼児期から青年期までのいたる時期に卑しめられる体験をしたが、1946年22歳の時に瞬時に癒され、神の務めに召されたのである。

  多年に渡る地方教会での奉仕の後、
神はロバートを使徒職の務めに召された。
彼は世界中に多くの新しい働きを起こした。その中にはベルリンの壁崩壊前の共産圏諸国での働きが含まれている。彼は世界を駆け巡りイエス・キリストの僕として奉仕を続けた。
  グレンユーインと彼の息子ロバートは"テキサスグレイスカウンセラー"という新聞を発刊し、その中で教会に対する神の神聖な定めについての教えを連載した。ロバートは1966年には、"キャンパスフェローシップ"という学生を献身に導くための雑誌の刊行を始めた。ゴスペルソング「大いなる主」の作曲者でもある。

 彼の宣教活動は目覚ましく、共産圏にも根を張っていた。かつてのルーマニアの300以上の地下教会が彼のミッションの流れの中にあり、ブルガリアの5000人と言われる地下の福音的クリスチャンの殆どが彼のミッションの影響下にあった。旧ソ連、ハンガリー、東ドイツにも宣教の扉を開いた。共産圏以外では、スイス、オーストリア、イスラエルに独自の宣教を行い、教会形成の働きをして来た。アフリカのケニアではマウマウ族の長老である。村長を始め6家族を救いに導き白人で始めての地位に就いた。中南米ではグアテマラ最大の教会、メキシコ最大の教会を指導してきた。
 ロバートの伝道方法は、その時その場で主が示された方法を行うというもので、常に不思議なしるしと奇跡が伴っている。また、伝道し弟子化していくのみに留まらず、地方教会の形成を指導し、なおかつその成長を監督していくというものである。

  ニューヨークのツインタワーが攻撃された翌日の2001年9月12日、ロバートは主の臨在の中に召された。私達の教会にもロバートは何回も来てくれた。
その謙虚な仕える姿こそ真の使徒職と確信した。
彼が主にあって分かち合ってくれた教えは深く多いが少しずつ自分のものとし、更に神の子供たちに分けていきたいものである。彼の生き方と共に。


ミッション・あどない・いるえ
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
いのちのことば社の紹介http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
携帯 : 080-6562-1427
TEL : 0282-25-1427
email:MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp

0 件のコメント:

コメントを投稿