ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2012年11月15日木曜日



「前田敦子はキリストを超えた?」

 「前田敦子はキリストを超えた」という本がちくま書房から出版された。濱野智史氏がAKB48の人気を宗教性という側面から社会学的に考察した著書である。

 氏のツイッターに多くの突っ込みなどが寄せられているが、濱野氏は次のように受け流している。「挑発的なタイトルだと受け取られると思います。ただ、あとがきでもふれていますが、本書にはキリスト教自体を批判する意図はありません。それは本書を読んでもらえれば分かると思います。とにかく、本当に渾身のマジ論考ですので、ぜひ読んで欲しいと思います」と。

 イエス・キリストは人となられた神である。神は創造主で人は被造物である。神は永遠の昔から永遠の未来まで誰の助けも要せず自ら存在し続けるが、人は限られた年数しか生きられずしかも多くの人の助けを得なければ存在できない。神は人ではないから、偽ることはない。人の子ではないから、悔いることはない(民数記23:19)。イザヤ書の著者は神についてこう述べている。「主は地球のはるか上に座して、地に住む者をいなごのように見られる。主は天を幕のようにひろげ、これを住むべき天幕のように張り、また、もろもろの君を無きものとせられ、地のつかさたちを、むなしくされる。彼らは、かろうじて植えられ、かろうじてまかれ、その幹がかろうじて地に根をおろしたとき、神がその上を吹かれると、彼らは枯れて、わらのように、つむじ風にまき去られる。聖者は言われる、「それで、あなたがたは、わたしをだれにくらべ、わたしは、だれにひとしいというのか」。目を高くあげて、だれが、これらのものを創造したかを見よ。主は数をしらべて万軍をひきいだし、おのおのをその名で呼ばれる。その勢いの大いなるにより、またその力の強きがゆえに、一つも欠けることはない。あなたは知らなかったか、あなたは聞かなかったか。主はとこしえの神、地の果の創造者であって、弱ることなく、また疲れることなく、その知恵ははかりがたい。弱った者には力を与え、勢いのない者には強さを増し加えられる」(イザヤ書40:22〜29)。

 人を神と比べる事はできない。神を人のレベルに引き下ろす者は無知で愚かである。


ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
栃木県栃木市倭町11-16 〒328-0037
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/

 



0 件のコメント:

コメントを投稿