ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年2月25日月曜日



経済発展最優先の中国の惨状(報道より)


1:地下水汚染 大気汚染に続き政府の無策ぶり露呈か
 調査報道で知られる中国広東省の日刊紙が中国内の64%の都市で「深刻な地下水汚染」が発生しているとのデータを伝え、他の中国メディアもこの問題を相次いで報じたことから、政府の水質汚染への無策ぶりに批判が集まっている。工場などからの廃水たれ流しが主な原因とみられる。総延長14万キロに上る河川の約40%の水域が重度の水質汚染に見舞われているとの報道もあり、大気汚染に続く環境問題として浮上してきた。

 同データは中国国土資源省が沿岸部を中心とした国内の118都市で行った水質調査の結果だ。 実際にどの都市で、どのような有害物質が環境保全基準をいかに上回って地下水を汚染したかなど、具体的な数値は明示されていないが、主に重金属汚染の恐れが指摘されている。同紙は64%の都市に加え33%の都市も「軽度な汚染」があったとして、合わせて97%の都市で地下水汚染があると警鐘を鳴らしている。


    2:大気汚染の中国在住「もはや人が住むところではない」

     今年に入ってから天気は晴れのはずなのに、街は黒い霧に覆われ、ほんの十数メートル先も見通すことができない。化学薬品のようなにおいがたちこめ、呼吸しているだけで喉が痛む。せきが出るのは当たり前。前を見ても何も見えないから、街ゆく人は足元を見て歩いている--。
     2月6日、北京にある日本大使館は、現地に住む日本人駐在員やその家族、約150人に向けて説明会を開催した。その際に、汚染が進んでいる北京に住むことを「壮大な動物実験のような状況に置かれている」と説明。あまりにも劣悪な環境ゆえ、8日には日本政府が北京に医師団を派遣することを決定するほどの事態となった。
     「子供のせきが止まらないので病院に連れていったのですが、同じように体の不調を訴える患者さんでごった返していました。とにかく外に出ないようにしていますが、近所のスーパーに行って帰ってきただけで、顔をふくと真っ黒に。もはや人が住むところではありません。夫には申し訳ないんですが、子供を連れて日本に避難しようか考えています」(北京に4年住む30代女性)
    「もともと、北京は空がどんよりとしていることが多かったんですが、ここ最近の空の色はひどい。ついこの間も、夫の送り迎えで使っている道路で、何台も巻き込む玉突き事故がありました。見晴らしのいい道路なのに前が見えないんです。怖くて車も乗れません」(北京に10年住む40代女性)

    3:新型細菌の脅威 治療困難な感染症も
     家畜向けの抗生物質の使用によって、中国各地の養豚場で飼われているブタにさまざまな薬剤耐性を持つ細菌などが全土に広まっている。専門家は、人にうつれば「治療が困難な感染症を引き起こしかねない」と警告する。
     こんな衝撃的な研究結果が11日付の米科学アカデミー紀要電子版に掲載された。発表したのは、米ミシガン州立大や中国の研究チーム。
     2010年に北京市や浙江省、福建省で、抗生物質をブタに投与している養豚場を調査し、ブタの排せつ物を調べたところ、抗生物質を使わない養豚場に比べて、薬が効かなくなる細菌の耐性遺伝子の種類が平均で3倍多く、検出量も200~2万8000倍高かった。
     チームは、周辺の農地の土からも細菌の耐性遺伝子を確認した。排せつ物を利用した肥料や、それを使った農地でも耐性遺伝子が発見されたほか、突然変異が起きる際に働く酵素も、通常より高いレベルで見つかった。
     中国は世界最大の抗生物質の生産国と消費国で、家畜の病気を防ぐ目的で大量の抗生物質が使われているが、明確な規制がないという。

    4:この国の惨状は、最も大切な資源である人の健康や生命を犠牲にしても経済発展を追い求めている共産党幹部の考え方にある。水も空気も土壌も厳しく汚染され、やがて彼らの子供達が皆健康を害して国の未来はなくなり、工場の閉鎖や想像を超えた高額な対策費を支払わなくてはならなくなる。そしてその時人々は言うだろう。「昔の工場がなかった時代が良かった。そこに帰りたい」と。「たとい人が全世界をもうけても、自分の命を損したら、なんの得になろうか。また、人はどんな代価を払って、その命を買いもどすことができようか」(マタイによる福音書 16章 26節)。

    ミッション・あどない・いるえ
    代表伝道者 ピーター藤 正信
    MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
    ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
    Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
     
     

    0 件のコメント:

    コメントを投稿