ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年2月26日火曜日

あなたが頼みとするものは何か?


神を恐れ主と共に歩んだヒゼキヤ王が王位に着いてからの14年目に、当時の超大国アッシリヤがユダ王国に攻め込んで来て全ての堅固な町を攻め取られた(イザヤ書 36章 1節)。その敵の将軍ラブシャケは「お前達は何により頼んでいるのか」と大声で呼ばわった。

 韓国に竹島を軍事的に占拠され、竹島の日の式典を行っただけで大規模な日本製品の不買運動が起き、尖閣諸島の事実的占有を狙い戦争も辞さない中国には海軍艦艇に海上自衛隊の護衛艦がレーダーを照射されあわや撃沈されるかもと言う事態も起き、北方4島を領土化しているロシアは経済援助しか良い顔をせず限りなく解決済みの姿勢が強く、北朝鮮は核実験とミサイル発射の実績で日本全土に核爆弾を落とす力を持った。日本は何により頼んでいるのか?中国から微粒子の有害物質で肺の奥まで入り易く呼吸器系等に疾患を引き起こすPM2,5が風に乗り来ている。09年の大流行を超えるインフルエンザに、花粉の飛散量は昨年比で最大7倍と言われ、年金は減額され、電気代もガソリン代も税金も上がる。あなたが頼みとするものは何か?どんな治療も安価に受けられる日本ではとげが刺さっても病院に行くし薬も貰う。難病でも神の癒しを信じ期待する人は牧師でも少ない。保険や年金や国の制度を頼りとして生き、私が将来を主に依り頼み簡易保険を止めた時等は教会で笑われたものだ。これからは超高齢化社会が来る。年金は掛けても貰えない若者が多い事だろう。福島の原発事故では甲状腺癌患者が出て来ると言われ、再稼働が期待されている原発の事故等も懸念されている。何を見ても希望も将来もなく、信仰者と言えど信仰もない、と言うのは余りにも情けない。
 
 フィリピンでは大半の人が病気になっても医者にも行けず薬も買えず、弱い者から死んでいく。米国でも医療保険がない多くの人は入院できないから手術は受けられても日に帰宅する。そう言う訳で米国でもフィリピンでも神様に真剣に依り頼む。祈る人に信仰がなくても祈られる人が主に依り頼み期待と信仰があるから癒される。 主・イエス様はあらゆる病気を癒し、悪霊を追い出し、死人を生き返らせ、嵐を沈め、私達の救いの為に死なれたが復活し今も生きて私達の叫びと祈りを取りなしていて下さる。御父は、選ばれた民を乾いた紅海を渡らせて敵を海に沈め、百万もの人々を40年間天使の食物であるマナとうずらの肉で朝夕養い、岩から水を与え、昼は雲の柱夜は火の柱で乳と蜜の国へ導かれた。ご自分の僕には天から火で答え、雨を止めあるいは雨を降らせ、からすに養わせ、死者を甦らせ、ライ病をいやし、火の車でその霊を凱旋させられた。現代もアフリカでは信者の祈りに400名も死者が甦り、神への礼拝の中で車椅子が不要になり、松葉杖が放り出されている。この神に不可能はなく、あなたをどんな危機からも救い出される。王の心も変えられ、歴史も御手の中にある。あなたが依り頼むに最高のお方である。

 思い煩わずに全知全能の神・主を拠り所として生きて行こう。
先人達が如何に救われ助けられたかを学び、普遍の神だけを人生の土台に据えよう。


ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信



0 件のコメント:

コメントを投稿