ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年4月23日火曜日

Q:キリスト教に入りたいのですが、どうすればいいのでしょうか。

Q:キリスト教に入りたいのですが、どうすればいいのでしょうか。私の母も父もキリスト教では無いのでよくわからなくて。私がキリスト教に興味を持ちはじめたのは父と母が離婚してからです。その時私は中1でした。両親は数年前から別居していて私は母と暮らしていました。中1の時、母が『もう私パパのこと好きじゃないから別れていい?』と涙ぐみながら聞いてきました。私は嫌でしたが、母を苦しめたくはなく、『いいよ』といいました。私は母が大好きだし、信じていました中1の冬。母が仕事から終えて帰ってくるのが毎晩夜中3時をすぎるようになりました。心配になり、『なんで最近遅いの?』と聞くと母は『仕事がながびいちゃってね…』とかえしてきました。私はその言葉を信じて毎晩待っていました。しかし中2の春。母は私に内緒で新しい方と子供を授かっていました。冬から毎晩、その方の家に行っていたのです。落ち込みました。いや、落ち込む以上です。泣きました。それから私は母を信じることができなくなりました。そうして今年。私は中3になりました。妹も産まれましたが、私は新しい方とは一緒にくらしていません。この前道路で仲好しの家族を見て、帰宅したあと、もう私はあんな体験はできないのかとベットで泣いていました。その時私の口からでたのが、『神様、助けて』でした。そこから、神様はどんな人なんだろうと思うようになり私はキリスト教を見つけました。神様を信じたくなりました。そうしたらもしかしたら、生き方をかえられるのでは?また母を信じたりもできるのではと思いました。しかし、私まだ14で子供だし、家族の中で私だけキリスト教とかいんだろうか?1人でも入られるのだろうか。どうすればいいのか疑問がいっぱいでてきました。お願いです。キリスト教の方、そうでない方も、なにか教えていただけると嬉しいです。へんな文章ですいません。ありがとうございました。

<ヤフー知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13105964468

A:私はキリスト教の牧師・伝道者です。

 「神様助けて」という貴女の叫びはイエス・キリストの父である神様への祈りです。
貴女も私も霊と魂(心)と体を持つ存在として聖書の三位一体の神様は人を創造されました。
霊は神様を求めるもの(宗教)で猿やチンパンジーは持っていません。祈りません。
貴女が神様を信じたい気持ち、それは自然な健全なものです。

 こう祈ってください。
「天のお父様。私はあなたを信じます。あなたのみ子イエス・キリスト様が私の為に十字架にかかって死んでくださったのは私のためであった事を信じます。また、キリスト様は三日目に甦り今も生きて私を救ってくださる事を信じます。私にもっとあなたの素晴らしさを教えてください。私の心の中に入って来てください。悲しみを取り去り喜びの人生に変えてください。わたしは今まで憎んで来た母を赦します。あなたが私の罪を赦してくださったのですから。私の人生に天のお父様の命で輝かせてください。イエス・キリストのお名前によって祈ります。アーメン」と。アーメンとは聖書の書かれたヘブル語で「本当にその通りなりますように」と言う意味です。

 この神様は貴女を決して見放すことも、見捨てることもないと聖書に約束されています。
聖書を是非読んでください。

キリスト教の信仰や神様のことについて深く知りたい場合は
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
を見てください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

0 件のコメント:

コメントを投稿