ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年4月24日水曜日

Q具体的に、自分からクリスチャンになるにはどのような段階を踏むのでしょうか。

Q:キリスト教に詳しい方に質問です。私はプロテスタント主義の学校に通っています。学校では任意参加の礼拝が行われていますが、出席しているうちに、説教者の言葉が胸にしみ、キリスト教に興味を持つようになりました。具体的に、自分からクリスチャンになるには、どのような段階を踏むのでしょうか。また、クリスチャンになるには、学校ではなく、きちんと教会へ足を運ばなければならないのでしょうか。また、クリスチャンになったら、やってはいけないこと・やるべきことなど、あれば教えて下さい。

<ヤフー知恵袋の質問への解答>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q13106135598

A :クリスチャンになるには貴方の人生にイエス・キリストを主として、罪の刑罰からの贖うお方として信じ、心に受け入れる事です。聖書に「すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。」(ローマ10:9、10)と書かれています。
 そうすると貴方の霊が神によって生きるものとなります(コロサイの信徒への手紙 2章 13節、エフェソの信徒への手紙 2章 1節、5節)。霊は神様しか存在できない場所ですがそこに三位一体の神の霊が住んでくださるようになり貴方は神の神殿になるのです(コリント人への第一の手紙 3章 16節、 6章 19節)。貴方は天国の国籍が与えられ(ピリピ人への手紙 3章 20節)、神の命の書に名が記され(ヨハネの黙示録 20章 12節、15節、21章 27節)、永遠に裁かれる事が無く(ヨハネによる福音書 5章 24節)、いつ死んだとしても天国に行けるのです。この時点で貴方は既にクリスチャンです。
 貴方はこの世界で行きているのですから教会の牧師に「私はイエス様を信じましたので洗礼を受けさせてください」と申し出てください。すると牧師は洗礼準備会に出てくださいとか、信仰告白を自分の文章にして出してくださいとかどのようにしてイエス・キリストを信じましたかと質問されたりするでしょう。そしたら貴方は牧師に言われる事に従って下さい。洗礼を受けるに至ります。
 洗礼は体において受けます。水のバプテスマです。しかし、貴方は既に霊においてキリストの御体に繋がるバプテスマを受けたのです。イエス・キリストを信じたと言う事がその事です。
 水のバプテスマもキリストの御体に属するバプテスマも生涯に一度だけ受けます。
 水のバプテスマを受けると貴方はそのバプテスマを受けた教会員になります。見える教会の会員に。貴方は既に見えない天にあ神の国の普遍の教会の会員になっていますが、貴方がこの世界で生きている間は見える教会の会員となり他の信徒と共に信仰の火を燃やし、祈り合ったり励まし合ったりしながら信仰生活を続けるのです。
貴方がやってはいけない事は自殺しない事です。貴方の体は既にイエス・キリストに購われ神に買い取られたのです。どんな事あっても祈り感謝し神を誉め讃えて神からの答えを待ち望んでください。神はご自分の子となった貴方の祈りと叫びに必ず応えられます。
 また、結婚相手も熟慮して祈り経験なクリスチャンを求めて神の心に適う人を生涯のパートナーとしてください。神は離婚を憎まれます(マラキ書 2章 16節、1コリント7:11〜13)。
 加えて、貴方は牧師の指導に不満が出ても、明らかに牧師が足りない悪いと思うような事があっても牧師を尊敬し、牧師に期待し、牧師を忍耐し信じてあげる事です。神様は教会のカバー(傘)を牧師に委ねておられます。もし貴方がその権威とカバーから飛び出してしまうなら貴方は受けなくてもよい災いを受けることになります。牧師の上には全ての教会の頭であるイエス・キリストがおられ権威を持っておられます。牧師が問題あればイエス・キリスト様が指導されます。イエス・キリスト様の指導を受け入れなければ左遷されるでしょう。貴方が裁くのではなく貴方は牧師の為に祝福を祈り神に取りなすのです。そうすれば神は最善をなさいます。
 貴方が信仰において成長する為により重要な事は、貴方の魂(心)に毎日毎日聖霊のバプテスマを受け続ける事です。モーセの幕屋の聖所には燭台があり夜中毎日火がともされていました。そのために毎夕油が満たされていました。また朝に夕に祭司は神の前に香を焚いていました。燭台の前には12のパンが置かれていました。
香は神への祈りと礼拝です。燭台は聖霊です。パンは神の言葉(聖書のことば)です。今、祭司は貴方です(2ペテロ2:9)。魂は感情、意思、知性を司っています。感情は天候や人からの言葉で揺れ動きます。朝は素晴らしい天気で今日は神様に愛されていて救われていると感じていても雨が降って来て車に泥水をかけられ思わずバカーと叫び人から「貴方はそれでもクリスチャンなの」と言われたりして落ち込み私はやはりダメな人間です。天国には行けません、と思う事になるかも知れません。正に魂はジェットコースターの様に上がったり下がったりするのです。しかしありがたい事に、神様はそのような不安定な魂に救いと永遠の命を保つ様にされませんでした。悪魔も悪霊も立ち入る事の無い霊において巣の救いと永遠の命が保たれているのです。ですから貴方は毎日、毎時間、毎分と神様に祈りを捧げ、神の言葉と約束の上に立ち続け、神様と交わりようにしてなさる事を心がけてください。そうしたら落ち込んでもすぐ立ち直り、他の人をも助けてあげる事もできます。毎日聖書を継続的に全体を読み自分の事だけでなく他の人の為に神に祈ってください。
 そうして行くなら貴方はキリストに似た存在になり更に今までは自分が支配されて来た罪や悪い習慣に打ち勝つだけでなくそれらをキリストによって支配する者になるでしょう。このキリストにある勝利者、キリストの花嫁を整える事こそきりすと教会の究極的な存在目的なのです。

聖書の教えや教会の存在目的について更に知りたい場合は
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
を参照してください。 

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

0 件のコメント:

コメントを投稿