ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年4月26日金曜日

Q:信仰心は精神安定剤代わりになるか?

Q:信仰心で精神安定剤代わりになるか?仏教やキリスト教を勉強して信仰心により強力な精神安定剤代わりになるでしょうか?

<ヤフー知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>

A: キリスト信仰は精神安定剤代わりのようなものではありません。基本的にはこの世界での事柄は一時的で、過ぎ行くもので、後に来る永遠の生命をどのように過ごすか、そこでどのような報いを得て過ごすのかという事により大きな焦点を当てます。それは、この世界で限りなく失敗し、挫折しても尚無くなる事の無い希望を神様にあって持てると言う事です。「そればかりでなく、苦難をも誇りとします。わたしたちは知っているのです、苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生むということを。希望はわたしたちを欺くことがありません。わたしたちに与えられた聖霊によって、神の愛がわたしたちの心に注がれているからです」(ローマの信徒への手紙 5章 3節〜5節)と聖書に記されています。
 同時にいついかなる時にも主イエス・キリスト様が共に人生を歩んでくださる時に魂の平安も賜るのです。「わたしは、平和をあなたがたに残し、わたしの平和を与える。わたしはこれを、世が与えるように与えるのではない。心を騒がせるな。おびえるな。」(ヨハネによる福音書 14章 27節)と約束されています。これはキリスト教を学んで得られるものではありません。イエス・キリストを人生の主として心に受け入れてこそ、キリストと共に人生を歩む時に得られるものです。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

0 件のコメント:

コメントを投稿