ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年4月26日金曜日

Q:キリスト教に、入ろうとおもうのですか、何か条件とかってあるんですか(´・ω・`)?

Q:キリスト教に、入ろうとおもうのですか、何か条件とかってあるんですか(´・ω・`)?

<ヤフーの知恵袋の質問へのピーター藤の解答です>
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q14106085069

 A:キリスト教に入ると仰る内容がキリスト教会員になると言う形式的な事であるとして先ずお答えします。それは加わりたい教会の洗礼を受ける事によって教会員となります。洗礼準備クラス等に出席し、礼拝を継続的に出席していれば牧師から許可が出ると思います。
    次に実質的にクリスチャンになるという事についてお答えします。教会員になる事即ちクリスチャンになる事ではありません。洗礼を受けていても真のクリスチャンでない人もいます。クリスチャンになると言う事はその人生に主としてイエス・キリストを信じ受け入れる事です。聖書に「すなわち、自分の口で、イエスは主であると告白し、自分の心で、神が死人の中からイエスをよみがえらせたと信じるなら、あなたは救われる。なぜなら、人は心に信じて義とされ、口で告白して救われるからである。」(ローマ人への手紙 10章 9節10節)とあります。その事はどういう事かと申しますと、神について、罪について、キリストの贖いと救いについて信じ告白する事です。
    神についてとは永遠の昔から永遠の未来まで誰の助けもなしに存在し、天地宇宙を創造し、貴方に生を与え活かし、ご自身の御子イエス・キリストを賜った程に貴方を愛されているお方である事です。
    罪についてとは最初の人アダムとエバが罪を犯し、故に貴方も生まれながら誰かに教えられなくても嘘を言い、人が見ていなければ悪を行おうとする性質(単数の罪・原罪)を持っている事。加えて貴方が、思いの中で口で行いで、神に対し、人に対し自分に対し、過去・現在・将来において犯すあるいは犯した罪(神が定められたあるべき人の姿から的が外れていること)故に裁かれ永遠の刑罰を受けなければならない事。
    救いについてとは、貴方の個々の罪の為に罪の無い神の御子イエス・キリストが貴方の罪の刑罰を身代わりに呪われた十字架の上で代わりに負って死んでくださった事を受け入れ信じる事です。

    そのように心に信じ告白した時、キリストは貴方の霊に迎えることになります。人は、霊と魂と体の統一体として創られました。体と魂は土の塵から創られそれに創造主なる神様はいのちの息を吹き入れられました。それで人は活ける存在になりました。キリストを信じていない人が死ぬ時命が無くなりますがそれはその人の霊が神の元に帰るからです。キリストを信じる前は貴方の霊は神様にあって死んでいます。キリストを受け入れた時に神様にあって生きるものとなります。モーセの幕屋を学ばれると聖所と至聖所の間には仕切りの垂れ幕がありました。聖所は人の魂を至聖所は人の霊について教えています。主・イエス・キリストが十字架の上で死なれた時人の手によらず神様によって聖所と至聖所の仕切りの垂れ幕が割かれました。それは誰でもイエス・キリストを信じたその時に魂と霊の隔てが割かれ霊が生きて霊に住まわれることになった神様と魂とが交流できる事になる事を教えています。つまり貴方の魂は「イエス様どうか私の魂に安らぎを与え、貴方の希望で溢れさせてください」と祈ることができますがそうすると霊に住まわれるイエス・キリストが貴方の祈りと願いに答え良き働きをなさる様になるのです。「今までは、あなたがたはわたしの名によっては何も願わなかった。願いなさい。そうすれば与えられ、あなたがたは喜びで満たされる。」(ヨハネ16:24)

    そして、永遠の命と罪の刑罰からの救いは霊に住まわれるイエス・キリストにあって保たれる様になります。つまり、魂において保つ事はないので感情や人の言葉や出来事で揺れ動いたり無くなったりはしないのです。聖書は「よくよくあなたがたに言っておく。わたしの言葉を聞いて、わたしをつかわされたかたを信じる者は、永遠の命を受け、またさばかれることがなく、死から命に移っているのである」(ヨハネ5:24)に約束されています。また「そのあかしとは、神が永遠のいのちをわたしたちに賜わり、かつ、そのいのちが御子のうちにあるということである。御子を持つ者はいのちを持ち、神の御子を持たない者はいのちを持っていない。これらのことをあなたがたに書きおくったのは、神の子の御名を信じるあなたがたに、永遠のいのちを持っていることを、悟らせるためである」(1ヨハネ5:11〜13)とも記されています。
イエス・キリストは「わたしは世の終わりまで、いつもあなたがたと共にいる」(マタイ28:20)と約束されています。
キリストの信仰についてさらにお知りになりたい時は
http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
を参照してください。

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji
チャーチナビ:http://kirisutokyoukai.web.fc2.com/
情報ブック:http://jpnews.org/adv/cont_messenger.html

0 件のコメント:

コメントを投稿