ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年6月18日火曜日

神の道


起 フランスはストラスブールでのカンファレンスは昔の良き道に戻ろうというテーマだった。それは、主が12使徒達に教えられ使徒達が初代教会に教えた道である。聖書の真理と健全な教えにより神の示された方法で成長し、示されたチームミニストリーで拡大し、栄光の教会を建て上げ、キリストの花嫁を整えて行く道である。
「わたしが宣言し、わたしが彼を呼んだ。彼を連れて来て、その道を成し遂げさせる。」(イザヤ書 /48章 15節)

承 フランスのカンファレンスは初めてだった。メキシコ人の教会からの教職者、フランスの教会の使徒職のモリス、スイスのトーマスやダニエル・モゼール等からのメッセージがあった。アフリカはブルキナファソからはブッダ牧師がこれからの孤児院建設の道を話され親しく交わりをした。

転:1:主の道は時に海の中にあって我々には判らない。しかし主を慕い求めて前進して行く時主はその道を示される。「主はこう言われる。海の中に道を通し恐るべき水の中に通路を開かれた方」(イザヤ書  43章 16節)「主よ、あなたの道をわたしに示しあなたに従う道を教えてください。」(詩編  25編 4節)また、神の道は天にある。「わたしの思いは、あなたたちの思いと異なりわたしの道はあなたたちの道と異なると主は言われる。天が地を高く超えているようにわたしの道は、あなたたちの道をわたしの思いはあなたたちの思いを、高く超えている。」(イザヤ書 55章 8節、9節)。

 私達はカンファレンスの後マルセイユとヴォルドーとパリに行った。パリでは日本語教会で短い奉仕をさせて頂いた。
マルセイユは地中海に面しかつてはローマの軍港で栄えた港町で今も欧州第3番目の港を有している。紀元2世紀のポエニ戦役ではローマに着いてカルタゴに敵対し、1720年には大規模なペストの流行 で十万人が死に、第二次大戦ではドイツ軍に占領された。数多く残る遺跡が語りかけている。歴史に学び歴史を支配されている神を畏れよと。特にかつてのローマの軍港遺跡教会や多くの彫刻がローマの当時の力を見せつけていた。その遺跡の一つは海に向かっての凱旋門が立てられていた事だ。ローマは最初はクリスチャンを迫害したがその後キリスト教国になった。神の守りの中で海の中にある神の道を勝利を得て凱旋して来る船団を創造できる遺跡であった。神を畏れるローマとなった故千年も続いたのである。

転:2:主の道は真っすぐである。「主はまっすぐな道に彼らを導き人の住む町に向かわせてくださった。」(詩編 / 107編 7節)神の子達あるいは教会が神に従わない時回り道をしなければならない。イスラエルは主に従わなかったので40年も荒野をさまよわなければならなかった。

 私達はパリ教会での奉仕の後、凱旋門の上に上がる事ができた。マルセイユの海に面した凱旋門より数倍も大きいものだった。凱旋門の上から見るとそこから12の道路が凱旋門から分かれてまっすぐに延びていた。北海道やアメリカはテキサス等に何十キロとまっすぐにどこ迄も続く道路があるが判り易く気持ちがいい。「主よ、あなたの道をわたしに示しあなたに従う道を教えてください。」(詩編  25編 4節)


転:3:道はまっすぐであろうと、時に霧で見えなかろうと、闇であろうと、上りであろうと下りであろうと信仰を持って歩き進むのは私と貴方である。分かれ道で選択するのも神の子たちである。「主を畏れる人は誰か。主はその人に選ぶべき道を示されるであろう。」(詩編 25編 12節)
 フランスの最後の旅はボルドーであった。ボルドーはフランスの王家の子がイギリス王家に持参金代わりに献上された町だった。英国はボルドーに良いワインを作らせイギリスに大量に送られた。フランスはこのボルドーを英国から取り戻すのに300年を要した。しかしその300ねんでボルドーは一流のワイン作りの産地となり世界の胃袋と言われる程になった。ボルドーの中心を流れるガロンヌ川沿いに数キロも続く世界遺産の街並は圧巻だ。同じような建物が続き、どこを歩いても同じような石畳の道で迷いそうになる。
 道を誤った時には主に聞き、尋ね求めて行かなければならない。「わたしたちは自らの道を探し求めて主に立ち帰ろう」(哀歌 3章 40節)。「 魂を生き返らせてくださる。主は御名にふさわしくわたしを正しい道に導かれる。」(詩編  23編 3節)、「主を畏れる人は誰か。主はその人に選ぶべき道を示されるであろう。」(詩編 25編 12節)、「あなたの御言葉は、わたしの道の光わたしの歩みを照らす灯。」(詩編 119編 105節)

 
 
結:
・ どのような財宝よりも主の定めに従う道を喜びとしていこう。
・ 主の道を歩む力を受け続け主の完全な道を守って行こう。

MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
代表伝道者 ピーター藤 正信
ミッション・あどない・いるえ
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

0 件のコメント:

コメントを投稿