ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2013年6月4日火曜日

バイリンガル真理Faith of the four types4つのタイプの信仰


Title : Learn to faith through the life of Joseph.
題目:ヨセフの生涯を通して信仰を学ぶ
 Theme : Faith of the four types
 テーマ:4つのタイプの信仰

We are believer.
私達は信仰者だ。

We believed Lord  Jesus Christ by Faith.
私達は信仰によって主イエス・キリストを信じた。

Jesus Christ ordered us that Have the Faith of God.
イエス・キリスト様は私達に神の信仰を持てと命じられた。

Without faith it is impossible to please God.
信仰がなければ、神に喜ばれることはない。

However, there is no faith in us sadly enough.
しかし、私達には悲しいかな信仰がない。

Let's learn from Joseph the faith.
信仰をヨセフから学ぼう。



Bible said
For he who comes to God must believe that He is, and that He is a rewarder of those who diligently seek Him.(Hebrews 11:6)

聖書は語る。
神に近づく者は、神が存在しておられること、また、神は御自分を求める者たちに報いてくださる方であることを、信じていなければならないからです。(ヘブル11:6)

Also Bible said
Now faith is the substance of things hoped for, the evidence of things not seen.(Hebrews 11:1)


更に聖書は語る。
信仰とは、望んでいる事柄を確信し、見えない事実を確認することです。(ヘブル11:1)




1:Faith creative
1:創造的信仰
 Rachel gave the name to his son Joseph was born. 
ラケルは生まれて来た息子にヨセフと名付けた。

It means that God is given another son.
神が別の息子を与えられると言う意味だ。

It is a confession of creative faith.
創造的信仰の告白だ。

Then, another son of Benjamin Rachel was given.
その後、ラケルにベニヤミンという別の息子が与えられた。

Creative faith is a faith that produces existence out of nothing.
創造的信仰は無から有を造り出す信仰だ。

Abraham believed God will be able to give birth to a child from his wife Sarah just like dead.
アブラハムも神は死んだも同然の妻サラから子どもを産ませることができると信じていた。

God created the light from nothing(Genesis 1:2,3).
神は何もないところから光を創造された(創世記1:2、3)。

This church was started from nothing.
何もないところからこの教会は始まった。

Let us creative prayer to God the Creator .
創造的な祈りを創造主の神にささげよう。

2:Faith that was backed by the truth of the Bible
2:聖書の真理に裏打ちされた信仰

That we get the adult teachings of truth that is  in the Bible, to understand, to practice is important(James2:19~20).
聖書の真理つまり大人の教えを得て、理解し、実践することが大切だ(ヤコブ2:19~20)。


Israelis had the teachings of Torah and the Ten Commandments in Old Testament times, but they were not able to live in it.
旧約聖書の時代にイスラエル人は十戒と律法の教えを持っていたが彼らはその中に生きることができなかった。

Jesus Christ taught the truth of love in the age of the New Testament.
新約聖書の時代にイエス・キリストは愛の真理を教えられた。

It's serve each other, and love God.
それは神を愛し、そして互いに仕えることだ。

Lord Jesus practiced the teachings exactly.
主イエスは正にその教えを実践された。

Our church also has the teachings of 7Key Truth, but there is no meaning if we do not live in its teachings.
私達の教会も7Key Truthの教えを持っているけれども、その教えの中に私達が生きなければ意味がない。

Teachings of God was still alive in the Joseph.
ヨセフの中にも神の教えは生きていた。


He did not take revenge on the brothers.
彼は兄弟たちに復讐しなかった。

Joseph did not revenge also wife of Potiphar.
ヨセフはポティパルの妻にも復讐しなかった。

He did not revenge even standing in a position to it.
彼はそれをできる立場に立っても復讐しなかった。

He knew that God hath done everything for him.
神が彼の為にすべてを成し遂げてくださったと彼は知っていたからだ。

3:Faith to be patience
3:忍耐する信仰

It was Joseph who had been given a dream from God, but the reality was the worst.
神から夢を与えられていたヨセフだったが現実は最悪だった。

But Joseph, even when he was in bondage, when he was in prison and did not give up(
Psalm105:19).
しかしヨセフは奴隷でいた時も、牢獄にいた時も諦めなかった(詩編105:19)。
Lord Jesus continue to have a mission that was committed from Father God.
主イエスは父なる神から託された使命を持ち続けられた。

Lord Jesus with the aim of purpose of life,
facing the cross, he kept a straight face toward Jerusalem.
主イエスは生涯の目的をめざし、十字架に向かい、
エルサレムにまっすぐ顔を向け続けられた。

Lord endured abandonment and rejection and betrayal of his disciples and unbelief and mockery of people.
主は人々の嘲りや不信仰や弟子達の裏切りや拒絶や遺棄に耐えられた。

Faith that patience to revival happened Japan, the Church of glory are built raised is necessary.
日本にリバイバルが起き、栄光の教会が建て上げられるために忍耐する信仰が必要だ。

When the air raid by Nazi Germany was done every day in London, was in the United Kingdom of anxiety.
ロンドンに連日ナチスドイツによる空襲が行われていた時、イギリスは不安の中にいた。

At that time, there was a lecture on Churchill at the University of Cambridge.
その時、ケンブリッジ大学でチャーチルの講演会があった。

The wearing a top hat trademark, Churchill appeared while adding a cigar.
トレードマークのシルクハットをかぶり、葉巻をくわえながらチャーチルは登場した。

Take a hat, place the cigar, Churchill said, "never give up" strong word.
チャーチルは、帽子を取り、葉巻を置き、力強く一言「決して諦めない」と言った。

Churchill said it repeated three times this words.
チャーチルはこの言葉を三度繰り返し語った。

And the hat on, he was leaving to take a cigar.
そして、彼は帽子をかぶり、葉巻を取って退場した。

Anxiety in the United Kingdom will be wiped out, and he won in the end.
英国の不安は一掃され、最終的には勝利したのだ。

4:Faith to be aware of God
4:神を意識する信仰
Faith is necessary that it is toward God.
信仰は神に向かっていることが必要だ。

Lord Jesus  knew what Father God is whether the seeking.
主イエスは、神が何を求めているかを知っておられた。

When the Palace staff of two people talk about their dreams, Joseph believed that God be sure unlock.
ヨセフは二人の侍従が夢を語る時、神が必ず解き明かされると信じていた。

Joseph believed that together are always God.
ヨセフは神がいつも共におられると信じていた。

God is hope to be with you always.
いつも貴方と共にいたいと神は願っている。

If you wish so, are together always God.
貴方がそう願うなら、神はいつも共にいる。

There is a belief that God always be with Joseph, he had served the Pharaoh in his heart.
ヨセフはいつも神と共にいるという信仰があり、彼はその心でパロに仕えていた。

I was always impressed by the message of Jack locker respect.
尊敬するジャックロッカーのメッセージにいつも私は感動していた。

I wanted to know if it can be How, I also receive the revelation of the great messages such.
どのようにして、そのような素晴らしいメッセージの啓示を私も受けることができるのか知りたかった。

One day, I called out to find the lying on the floor because Jack is repair the pipe.
ある日、私はジャックがパイプを修理するため床に横になってるのを見つけて声をかけた。

"Jack, can we receive a great revelation how can I?"
「ジャック、どうすれば素晴らしい啓示を受けることができるの?」

Then Jack replied. I'm in the presence of the Lord even when doing this ,
するとジャックは答えた。「私はこうしている時も主の臨在の中にいるよ。


And conscious of the Lord Jesus always, I'm thinking.
いつも主イエスを意識し、思っているんだ。

Even when I am washing the dishes.
皿を洗っている時も。

Also when I have to clean.
掃除をしている時も。

When I are corresponding to those customers at work.
仕事で客と対応している時も。

Always, we will be able to turn to God consciousness.
いつも、意識を神に向けることができるのだ。





conclusion
結論

Let 's follow the faith of Joseph.
ヨセフの信仰に倣っていこう。

looking unto Jesus, the author and finisher of our faith
(Hebrews 12:2)
信仰の導き手であり、またその完成者であるイエスを仰ぎ見つつ、走ろうではないか。(ヘブル12: 2)

ミッション・あどない・いるえ Mission Jehoveh Jireh
代表伝道者 ピーター藤 正信 Peter M.Fuji
missionjehovahjireh@yahoo.co.jp
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/


0 件のコメント:

コメントを投稿