ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2014年7月19日土曜日

いのちの雫2014/7/19


ロシア製の高度2万5千m迄届くミサイルで撃墜されたマレーシア航空機は何故内戦状態にある危険地域を飛んだのか▼民間航空機撃墜は冷戦時の大韓航空機や湾岸戦争でのイラン航空機等あり、原因の多くは領空侵犯や戦闘機と誤認されたミサイルの誤射だ▼人命の安全最優先でない航空会社は敬遠される。



「我々は飛行機を撃墜した」「どの位前か?」「約30分前だ。犠牲者を見つけた。一般市民だ。民間機なのはほぼ確実だ」▼これは親露派武装勢力のメンバーとロシア軍幹部との会話の盗聴記録だ▼国際民間航空機関の飛行禁止勧告がなかった故とマレーシア航空は言う。安価なルート選択が甚大犠牲を生んだ

国際民間航空機関の飛行禁止勧告がなかったからウクライナ上空を飛んだとマレーシア航空は言う▼だが、親露派戦闘員と露軍将校は「戦争が起きているのに何故上空を飛んでいるんだ」との会話があった▼余りも軽い決断が甚大な被害を齎した▼浅はかな者は通り抜けようとして痛い目に遭う(箴言22:3)

ミッション・あどない・いるえ
代表伝道者 ピーター藤 正信
ブログ http://missionjehovehjireh.blogspot.com/
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
Titter : http://twitter.com/#!/MJJ_PeterFuji

0 件のコメント:

コメントを投稿