ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2015年2月3日火曜日

宮古島市の佐和田豊三兄弟の宮古毎日新聞2014年10月26日の投稿記事

ひだまり

平和のシンボル   城辺字下里添 佐和田 豊三

 たまに鳩が拙宅の庭に飛んで来てえさをついばむ。米つぶをばらまくと、うれしそうにそのえさを食べる。
 よく観察して見ていると実に美しい。鳩は平和の象徴・シンボルだと言われる。どう猛でなく、柔和な感じがする。
 人間もそうありたい。人間の欲望が戦争を生む。欲と欲がぶつかり合い、憎しみ合い、殺し合いもする。双方が欲を丸出しにし、相譲らない。自分の主張だけ言い張り、押し通そうとする。そこに争いが起こり、戦争が生じる。
 互いに譲り合い、妥協し合えば戦争はなくなる。欲がはらんで罪を生み、罪がはらんで死を生み出す、とは誰か先人の言葉。
 平和な人になろう。残忍や残虐な心を抱かず、鳩のような柔和な心を抱こう。ドライブしながら鳩が飛んでいるのを見たら、心うれしく、晴れ晴れした境地になるものだ。
 戦争をなくそう。平和のシンボル(象徴)鳩のような柔和な人になろう。どう猛な心を捨てよう。愛はすべてを結ぶ絆である。鳩派になろう。タカ派にならない人になりたい。

 宮古島で熱心に文書伝道をなされている佐和田兄弟の投稿されたコピーを頂いた。キリスト者の魂に持つべきキリストの平和について教えられる。

ミッションあどない・いるえ
代表 伝道者 ピーター 藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
http://missionjehovehjireh.blogspot.jp
https://twitter.com/MJJ_PeterFuji


0 件のコメント:

コメントを投稿