ブログ表紙

ブログ表紙
ピーター藤・和子

2015年4月2日木曜日

勝利と成長の教理

勝利(成長)の真理
7つの召命
1 新生への召命
2 (神と人に仕える)責任への召命
3 油注がれた祭司職への召命
4 誘惑に勝利する召命
5 油注がれた務めへの召命
6 実り多い人生への召命 
   死と葬りと復活 自我に死ぬ
7 御座・王座への召命  

勝利の真理:勝利者にするための段階を教える真理
赤子に鉄砲を持たせたり大砲を持たせても負ける。成長させ成
人にさせることがこの真理である。勝利者にするための7つの
召命。主の生涯で見れる。初代教会での召し。宗教改革からの
教会史にも見られる。
A:キリストの公の生涯に見る7つの召し
1:新生への召命
 マタ    イ2:15主が型。新しい誕生への召し。救いへの召
し。エジプトから召されることは救いへの召し。

2:2重の責任への召し(12歳の主が模範)。
 神と人に対する責任。ルカ2:49~52。世からの分離へ
の召し。神に礼拝・人に仕える。

3:油注がれた祭司職への召し。ルカ3:21~22。
 聖霊のバプテスマ。30歳の祭司として公に任職を受けるた
めの油注ぎ。この任職は奉仕のための油注ぎ・任職である。リ
ニューアルの油注ぎは問題。自由になるためのものではない。
しばしば王となるとか特殊な任職が含まれている。それはすぐ
になるというのではなく十分試されてからなるというもの。

4:誘惑に勝利する召し。我々を試すための召し。
 招かれている召されているものは多いが選ばれるものは少な
い、というテストである。合格する人は少ない。主は40日間
の悪魔の試みに勝利された。聖霊のバプテスマを受けてすぐに
奉仕が始まらなかった。モーセは40年かかった。すぐに主の
御業は起こらない。それを焦る。十分テストを受けないと敗北
する。主に保証された器にならなければならない。自分の名前
だけを売ったりして。

5:油注がれた務めへの召し。
 ルカ4:14~19。御霊の力を帯びた者とならなければな
らない。この油注がれた務めだけを3年半主はなさった。敗北
したことは一つもなかった。それは十分試されたからである。
5職と長老、執事、助ける者、治める者のすべての務めをなさ
った。


6:豊かに実を結ぶ人生への召し。
 死と葬りと復活の人生。ヨハネ12:24。公生涯のはじめ
から死と葬りに徹しておられた。古い自分に死にキリストに生
きていくことである。実を結ぶ人生は死と葬りと復活につなが
る。

7:御座への召し。マルコ16:19。
 上に召される。支配の座に召される。主の生涯は我々への模
範である。教会への召しにもつながる。支配は永遠の御国でも
キリストとともに治めるということである。現代では支配の真
理のつの領域を支配することでもある。

B: 初代教会への召し。7つの聖霊の召し。
1:キリストが復活した後弟子たちに現れ息を吹きかけられたの
はすくいへの 召しを与えられた。ヨハネ20:23。これま
では信仰による救いの約束をもらっていた。誠の罪の生け贄が
なかったから。救いの実質が与えられた。

2:2重の責任への召し。神に対する責任:使徒1:4。人に
対する責任: マタイ28:19、20とマルコ16:20の
第宣教命令である。

3:油注がれた祭司職への召し。使徒2章のペンテコステ。

4:誘惑にうち勝つ召し:離散。試練。使徒8:1。試練にど
う勝利するか。

5:油注がれた務めへの召し。使徒8:4,5。異邦人の地で
あるサマリア のリバイバル。

6:実を結ぶ豊かな人生への召し。神がパウロを起こされた。
 使徒13~19章。

7:御座への召し。パウロのローマへの旅。その中で書かれた
手紙。
 パウロがキリストと共に治めていたこと。

宗教改革からの教会史に見る7つの召し。
1:
聖霊のバプテスマ
コリント第一:14:14-15 異言は霊の祈り 悪霊が恐
れる
 知性の祈りは悪魔が邪魔する 祈ることを知っているから
 異言の祈りは悪魔には解らない
ヤコブ3:2-8 人は舌を制御できない
使徒2:1-4天からの舌 異言は外国語と天使の言葉 を聖
霊ではなく人々が語り出す。聖霊は満たし促すだけで話させな
い。
使徒2:38 賜物として
使徒3:
使徒8:15-17 聖霊を与えられるようにではなく受けるよう
に祈る
  約束を信仰によって
ヨハネ4:14この泉は最初に沸きあがっていた霊の泉である
。隠れたところから沸きあがっている。もう一つの満たしはヨ
ハネ7:37ー39心の奥底から流れ出る この川は複数形癒
しや喜びなど 聖霊を受けるエゼキエル47章の成就 主を信
じる者が受ける それ以外の印はない
マルコ16:16-17 新しい言葉を信じる者が語る
マタイ7:7-11 誰であれ乾いて求める者は良いものを受
ける
コリント第一:14:32-33、4 聖霊に満たされていな
いときも異言で祈ると聖霊に満たされる。聖霊に満たされるた
めに異言で祈る。

聖霊のバプテスマ:すべてが濡れるの意 全部満たされる
 聖書は3つのバプテスマを教えている
第一コリント12:13 一つの体となるように(一つの体に
入る)受けるバプテスマ:キリストの御体に属するバプテスマ
主を信じて受け入れた瞬間に受ける我々の霊が受けるバプテス

キリストに全面的に満たされるバプテスマである
聖霊のバプテスマは魂に受けるものである。魂を支配している
のは古き人、舌である。魂が聖霊の中に入るのが聖霊のバプテ
スマである。新しい意志、感情、知性が支配するようになる。
水のバプテスマは栄化につながる。

ミッションあどない・いるえ
代表 伝道者 ピーター 藤 正信
MissionJehovahJireh@yahoo.co.jp
http://missionjehovehjireh.blogspot.jp
https://twitter.com/MJJ_PeterFuji

0 件のコメント:

コメントを投稿